こうほく・人と生きもの・支えあう会

横浜市港北区で生活する人々や動物にとってやさしい地域をつくることをめざします。

≫ EDIT

ふるさと納税で殺処分ゼロ!?

急に秋めいてきました。
我が家は、人間はまだまだ厚着で頑張るつもりですが
猫さん用に早くもホットカーペットを出してしまいました(^^)

DSC_0021.jpg
「早いもん勝ち!」

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、こんな記事を見つけました。
殺処分ゼロを目指す『ふるさと納税』

検索してみると、神戸だけでなく名古屋市や広島市など
全国の自治体で同じような取り組みが始まっていました。

神奈川県でも、すでに動物関連の取り組みがありました。
殺処分ゼロから、その先へ

神奈川県では、犬猫グッズのような返礼品はありませんでしたので
そういった観点からも神戸市の取り組みは注目されているのでしょうね。
いずれにせよ寄付金が増えて、保護センターに持ち込まれてしまう動物たちの
将来が明るくなるのであれば、それはとても素晴らしいことだと思います。

私も興味はあったのですが、返礼品で大いに迷ってしまって
寄付先を決めきれずやったことのなかった「ふるさと納税」。
猫や犬のためになり節税も出来るなんて、これはもう挑戦するしかないでしょう!

ただ、自治体が言う「殺処分ゼロ」とは、処分に持ち込まれる犬や猫が
ゼロになったわけではないことをしっかり理解する必要があります。
「殺処分ゼロ」の影には、容量オーバーでも頑張るボラさんがたくさんいるのです。
また、そんなボランティアさんの多頭飼育崩壊も耳にします。

本当の意味での「殺処分ゼロ」を目指すには、私たちに出来ることを
これからもコツコツやるしかない、と改めて思った秋の一日でした。


(ripley0518)
スポンサーサイト

| 広報・地域猫普及活動 | 07:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の気配と脱走対策

今年は猛暑だったりジメジメと寒かったり、おかしな夏でしたが
9月に入り、朝晩は涼しく感じられるようになりましたね。

エアコンを止め窓を開けると、風が入って気持ちいい季節ですが・・・。
猫を飼っているみなさんにとっては、油断大敵な時期ですよ~
 ・猫は網戸を開けます
 ・猫は網戸を破ります
 ・猫は網戸を倒します

ホントです。

【対策】
 ・網戸ストッパーをとりあえず全部の網戸につけましょう。
 ・出来れば網戸用の脱走対策を施しましょう
http://buntabucho.blog54.fc2.com/blog-entry-1241.html

「猫 脱走 網戸」で検索すると、世の中の飼い主さんの
涙ぐましい努力の数々を知ることが出来ます。
大工仕事は出来なくても、100均の商品でいくらでも対策が取れます。
ビバ!100均なのです

うちの、「片開き」で網戸つきのやっかいな窓も、100均グッズで脱走防止!

網戸対策

 ・市販品もあります。
https://item.rakuten.co.jp/hinoki/m157033/?l2-id=pdt_shoplist_title#10022732

網戸にする際は、とにかく猫の行動に要注意です。
脱走対策は、やってやりすぎるということはありません!

「うちの猫は大丈夫」
「うちは気をつけているから大丈夫」
「脱走してもお腹が空いたら自分から帰ってくる」
もしこんな風に思っていたら、即考えを改めましょう

見つからないことが多いです。
見つかっても、保護するまでは猫も人間も、とにかく大変です。

くれぐれも窓明け時はご注意を!!!!!

(ripley0518)

| 未分類 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エル君のこと

突然のことで驚かれると思いますが
ちょうど一ヶ月前の7月28日、エル君は天国に旅立ってしまいました。

前日の夕ご飯のとき、少し様子がおかしいなと思っていたら
いきなり大きな痙攣発作を起こしました。
夜間の救急病院で治療してもらったのですが、それでも痙攣は止まらず
意識が戻らないまま心配停止状態になってしまいました。
人工呼吸器につないで数時間様子を見ていたのですが
その後、自発的な呼吸が戻ることがありませんでした。
状態から見て、脳になんらかの疾患があった可能性が高い、ということでした。

痙攣の間は意識がないそうなので、あまり苦しまなかっただろうと思います。
たまにお腹がゆるくなったりしたものの、ずっと元気でご機嫌に過ごしていたので
ショックが大きく、しばらくは皆様にご報告することが出来ませんでした。

しっぽに大怪我を負ったエル君を保護したのが2015年の5月末、
7ヶ月もの長い入院を経て、ようやく退院したのがその年の12月末でした。
退院に際しては、クラウドファンディングを通じて、本当にたくさんの方に
応援していただき、気にかけていただきました。
エル君から、そして支えあう会からも、改めて深くお礼申し上げます。

我が家で暮らしたのは1年7ヶ月という短い時間でした。
他にも猫がおり、また慌しく毎日を過ごす中では
一人っ子のように構ってあげる時間も、なかなか取れませんでした。
エル君にしたら、思う存分甘えることが出来ず物足りなかったかもしれませんが
それでもこんな私を信頼して、本来の自分をさらけ出してくれました。
可愛らしくて人懐っこい姿をたくさん見せてくれました。

またいつか会えるかな。

今まで温かく見守ってくださったみなさま、
本当にありがとうございました。

(ripley0518)

エル君20170828-3

エル君20170828

エル君20170828-4

| 虐待を受けた猫エル君 | 05:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マダニ感染症で初の死亡例というニュース

昨夜、哺乳類からの感染による「マダニ感染症」で、
西日本の50代女性が亡くなったというニュースがありました。
これを聞いて、本当にいろいろ心配になってしまいました。

噛まれて亡くなってしまった女性は、猫ボランティアさんだったのでしょうか。
弱っている猫を見過ごせず、差し伸べた手を噛まれてしまったのでしょうか。
弱っていた猫さんは、その後どうなったのでしょうか。
そして、野良猫や地域猫活動に対して、おかしな誤解が生まれないでしょうか。

猫が好きな人も嫌いな人も、正しい情報を元に、正しい判断をして欲しいです。
報道は、注意喚起を促す必要があるとは言え
余計なパニックを起こさないような配慮が欠けていることが多いと感じます。
猫を経由しての感染が初めてなのであって
マダニ感染症では、すでに60人弱の方が亡くなっています。
猫だけが悪者にされないことを心から願います。

また、お外で暮らす猫さんたちが、マダニ感染症にかからないよう、
せめて夏の間だけでも、触れる猫さんにはマダニ駆除のお薬を
つけてあげたいと思います。

TNRや地域猫活動で野良猫さんと接する機会のある方は
ひっかかれたり噛まれたりしないよう、今まで同様、よく注意していきましょう!
マダニといい、ヒアリといい、恐い虫が増えていますので
捕獲の際は、暑いからと言って薄着にならず、完全防備体制で臨みましょう!!

(Ripley0518)

| 未分類 | 07:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【緊急】情報拡散のお願いです

東京都内で、犬の多頭飼育崩壊があったようです。

「【緊急・協力者求む】ビーグル×柴系MIX犬の多頭飼育崩壊 ~70頭以上(江戸川区)」
⇒ http://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12293806112.html

注)上記ブログ中には衝撃的な写真が多数ありました。
ご覧になる際は、自己責任でお願いいたします。

みなさまのブログ、SNS等で情報の拡散を、よろしくお願いいたします。

| 未分類 | 09:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT