こうほく・人と生きもの・支えあう会

横浜市港北区で生活する人々や動物にとってやさしい地域をつくることをめざします。

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

殿クン永眠

まるで私達の心そのままのように、週末からずっと雨が降り続いています。

7月3日の朝、ラヴィ動物病院から電話がありました。
夜の間に殿クンが息を引き取ったとのことでした。

前回「心の準備」なんて書いていましたが、
殿クンはまだまだ頑張ってくれるはずと思っていたので
突然の訃報にただただ驚き、涙が止まりませんでした。

先生がご厚意で、翌土曜日の午前中まで時間をくださったので
みんなで殿クンに最後のお別れを言うことが出来ました。

たくさんの、色とりどりの花に囲まれて、
殿クンはまるで眠っているような穏やかな顔をしていました。
もう頑張らなくていいんだ、とホッとしているようにも見えました。
先生が「まだ寝ているな」と思ったくらい、本当に安らかに逝ったようです。

自分からご飯を食べなくなり、強制給餌をしていくことについては
先生も私達もとて悩み迷いました。
殿クンが「食べない」という選択をしている以上、
その意思を尊重しなくてはいけないのではないか、という気持ちと
「食べさせれば回復するのではないか」という気持ちのせめぎ合いでした。

殿クンは、私達に辛い決断をさせないために
逝ってくれたような気がしてなりません。

病気になってからは1年近く、入院生活も約5か月頑張りました。
ラヴィ動物病院の先生、スタッフの方々、
お見舞いに来てくださった方々、
そして何よりも、闘病生活を支えるご寄付をくださった多くの方々に
心からお礼を申し上げます。

殿クン0706


(Ripley0518)
スポンサーサイト

| 殿クン | 04:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |