こうほく・人と生きもの・支えあう会

横浜市港北区で生活する人々や動物にとってやさしい地域をつくることをめざします。

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クッパ君病院へ

先日ご紹介した、新入りの保護猫クッパ君。

古くなったフードで嘔吐してしまったことをお伝えしましたが
どうやら原因はフードの酸化ではなかったようです。
その後、明け方になるとドロドロになった消化中のドライフードや、
胃液・胆汁を吐くようになってしまいました。
1日に何回も吐くわけではなく、毎日連続でもなく、
しかも食欲は全く衰えることなく、ウンチも良いウンチだったので
しばらく様子見していたのですが・・・。
2日連続で明け方も夕方も吐いてしまったので病院へ連れて行きました。

幸い、血液検査では大きな異常はありませんでした。
それは良いことであると同時に、原因が分からないということでもあります。

ほとんど残っていない歯にガッツリ付いた歯石を取ったついでに
グラグラだったその歯を抜いていただきました。
唯一考えられる原因は、そのグラグラの歯の隙間から細菌が入って
肝臓に炎症が起き、嘔吐を誘発しているのでは?とのこと。

キャリーに入れる際に大暴れ、キャリーの中でも大暴れ、
採血、歯石取り、抜歯、止血と抗生剤の注射に輸液、と
フルコースの処置で、さすがに恐かったのでしょう、
今日も輸液に行った方が良いのですが、警戒してケージの奥に引きこもり
キャリーに入れることが出来ません・・・(-_-;

病院の閉院時間ギリギリまで頑張ってみますが
急を要する状態ではないし、外はあいにくの雨模様でおまけに寒い
人間の方が心折れそうです・・・・・。

我が家にて02 - コピー


(Ripley0518)
スポンサーサイト

| 保護猫 | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT