FC2ブログ

こうほく・人と生きもの・支えあう会

横浜市港北区で生活する人々や動物にとってやさしい地域をつくることをめざします。

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

爪切り決行

またまたかりんちゃんです。

10日ほど前から、激しく遊んでいるとカーペットやカーテンに爪がひっかかり、
おっとっと、となってよろけたり、バランスを崩して転んだりするようになりました。
昨日あたりからは家中のありとあらゆる布製品に爪がひっかかるようになり
はずしてあげようと近づくと余計パニックになってしまう、という
なんとも困った事態になってしまいました。

ひっかかるのは、いつも悪い方の前足の爪です。
悪い方の足は、人間で言う手首あたりから先がブラブラになっていて
「く」の字みたいに内側に曲がっています。
歩く時も、肉球ではなく曲がった手首をついて歩きます。
爪とぎの真似はしても、しっかり研ぐことが出来ていないのだと思います。
前足

加えて、自分の意思では爪を引っ込められないようで、
はずす時は自分自身がグルグルと回転して、
ひっかかった糸を無理やり引きちぎっています。

他にも1匹、保護以来いっさい爪切り出来ない子がいますが
その子は、そもそもあまり爪がひっかかからないし
ひっかかっても、すんなり自力ではずしています。

これはもう、さらに嫌われること覚悟で爪切りするしかない!!!

ということで、ケージにいる時を狙い、バスタオルでくるみ、
そのまま抱っこして小さいキャリーに入れ、4本分全部切りました~!
バスタオルでくるむまでは威嚇したり暴れたりしましたが、
その後は固まりはしたものの、大人しく良い子にしていてくれました。

かりんちゃん、エライ!

爪切り後のかりん
爪切り後のかりん氏。
ものすごく怒っております。
でも直後にあげたちゅ~るは指からなめてくれました

ますます嫌われましたが、
 ●悪い方の前足には親指がなかった
 ●爪とぎ出来ていない爪は、大きくて太くかった
という発見をすることが出来ました

高齢猫等に多い巻き爪になる可能性が大きいので
今後は定期的に爪切り頑張ってもらわないといけませんね・・・・・

(ripley0518)
スポンサーサイト



| 保護猫 | 13:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT