こうほく・人と生きもの・支えあう会

横浜市港北区で生活する人々や動物にとってやさしい地域をつくることをめざします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

触れない猫を病院に連れて行くには・・・?!

我が家で家猫修行中の、アビちゃんとつくねちゃん。

ちょっとした事情で、エイズと白血病の検査をしていなかったため
保護して一か月が経ったのを機に、病院に連れて行くことにしました。

なあんて簡単に書いていますが、そもそも猫の通院はとっても大変です。
飼い猫ですら、キャリーに入れるのが難しい場合もあるくらいですから
人なれ修行中で触れない猫なんてなおさらです
動物病院のホームページには、よく「凶暴な猫ちゃんの場合は
洗濯ネット等に入れてきてください」とかなんとか書いてありますが
肝心の「どうやってネットに入れるか」については書いてないのです

でも、世の中には同じようなことで悩んでいる人がいるのですね~。
※ネットに入れる方法
http://blog.goo.ne.jp/neko-nyarazu/e/5b3c3eff83cc4dd8eba6553c6774283d
※ケージからキャリーに入れる方法
http://daijyoyuukoharu.blog62.fc2.com/blog-entry-3271.html

上記の記事を参考にして、実際に私が行った方法をご紹介します。
これは、まだ人なれしておらず、警戒警報報発令中の猫さんには有効ですが
「触れないけど警戒心は無くなってきた」という状態の猫さんだと難しいと思います。
猫さんの状態・性格、作業場所等によって上手く行かないことを予めご了承ください。

1)ネットを用意する
上記の記事を読んで、まず「モノフィラネット」を購入しました。(10枚で300円くらい)
私はインターネットで買いましたが、ホームセンターでも売っていると思います。
細長くて、ファスナーではなく口ヒモが付いています。
(幅42センチ×長さ82センチ)

キャリーとネット①

2)キャリーの中にネットを仕込む
上記でご紹介している方法は、「ケージ」→「キャリー」→「ネット」→「キャリー」の4工程。
少しでも工程が少ない方が、猫にも人にもいいだろうと思い、
キャリーの中にネットを仕込んでみました。
上手く行けばキャリーに入ると同時にネットにも入れることが出来ます。
キャリーの中でネットが筒状になるようにセットします。
しっかりセット出来なくても、猫が入る時まで筒状をキープ出来ればOKです。

ネットの端がキャリーからはみ出ていることがポイント。
キャリーとネット②

猫さん目線で見ると・・・。
キャリーとネット③

筒状をキープするため、ガムテープで仮留めしています。
キャリーとネット④

奥の両サイドも同様。
キャリーとネット⑤


3)猫をキャリーに追い込む
「追い込み漁」方式により頑張ってケージ3段目から1段目まで移動させます。
うっかりすると上へ上へと戻ってしまいますので、猫が1段降りたら
すかさず段ボール箱か何かを置き、退路を絶つようにします。
1段目まで来たら、キャリーの入口を猫に見える位置に調整しつつ、
「ここに隠れ場所があるよ~」ということをアピールします。
棒でツンツンされるのがイヤでたまらない猫さんは、案外すんなりキャリーに入ります。

4)ネットを掴むと同時にキャリーの扉を閉める
ここが一番緊張するところですが、失敗は許されません
猫が入ったら素早く、でも静かにキャリーからはみ出ているネットを掴み、
キャリーの扉を閉めます。
掴んだネットの端が扉の上から出ている状態でOKです。
ここをゴム紐等でしっかり縛ったら早めに病院に行きましょう。

キャリーとネット⑥


5)ケージに戻す時は、キャリーの入口を自分の体に向け
扉を少しだけ開けて、ネットの端を引っ張り出してください。
猫に触れないよう細心の注意を払って、ハサミでネットを切り、
猫さんの爪やシッポに引っかからないよう大きな穴を開けてください。
キャリーの扉を閉じ、ケージ内に入れて再び扉を開ければ
あとは猫さんが自分で出てくれます。

※全ての作業は、猫の安全に十分注意して行ってください。

つくねちゃん(人なれ度30%)はこの方法で、見事成功
病院では大暴れでしたが、なんとか採血することが出来ました。

通院のショックからようやく回復・・・?
つくねちゃん0630

アビちゃん(人なれ度60%)は、ツンツンする棒で遊んでしまい追い込み漁にならず。。。
急きょ作戦変更です。
ネットをキャリーから出し、ネットの中でじゃらしを動かしてみました。
少しためらったものの、何度目かには奥まで突進してきたので
すかさずネットの端を掴んでゴムで縛り、ネットごとキャリーに。
病院ではとてもお利口さんで、ほとんど暴れず大人しくしていてくれました。

帰宅後はそんなに動揺した感じもなく、すぐ元通りになりました
アビちゃん0630

そして気になる結果ですが、2匹ともエイズ・白血病は陰性でした!

これで我が家の先住猫とも交流させることが出来ます。
家猫修行、第2段階へ突入です。

(Ripley0518)
関連記事
スポンサーサイト

| 博物館猫 | 12:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これはとても参考になりました!
ありがとうございます。

| gina | 2016/11/29 14:42 | URL |

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

通院頑張ってくださいね!
お役にたてば幸いですm(__)m

| ねこおばさん3 | 2016/12/01 07:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sasaeaukai.blog17.fc2.com/tb.php/144-1a6b4ff4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT