こうほく・人と生きもの・支えあう会

横浜市港北区で生活する人々や動物にとってやさしい地域をつくることをめざします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

博物館猫から、ようやく譲渡第一号!

今年の5月、TNRのお手伝いで行った公園で虐待があり
捕獲&手術は済んでいたものの、リリースできなかった6匹の猫さんたち。

エル君
カールちゃん(改めしまこちゃん)
カリ君
アビちゃんとつくねちゃん
フィービーちゃん

入院中のエル君以外は、みなボランティア宅で家猫修行中なのですが
これがなかなか難航しており、いまだに触ることの出来ない猫さんがほとんど
そんな中、唯一の希望の星だった「しまこちゃん(旧カールちゃん)」が
ついに先月、新しい飼い主さんのもとへと巣立っていきました

新しい飼い主さんは、3匹の親子猫を立派に看取った方。
ご夫婦ともお仕事が多忙で、家にほとんどいらっしゃらないので
猫は飼いたくとも子猫は難しいから、と新しい猫を迎えることをためらっていました。

そんなところへ、しまこちゃんとの出会いがありました。
世の中の「猫に好かれないお父さんたち」をメロメロにしたこの写真が
ご夫婦の心もわしづかみにしてしまったようです

しまこ0813 - コピー
「お父さんのスネ毛お膝がスキ~

博物館猫の中では一番人なれが早く、一時預かりさんのお宅では
スリスリゴロゴロ、お膝大好きダッコ大好きの甘ったれさんだったのですが
新しいお父さんお母さんにはなかなか心を開いてくれず・・・。
IMG_0986.jpg
「ここから一歩も動かないからね


慣らし方のアドバイスはしていたものの、思うようにいかない場面も多く、
ちょっと焦ってしまったお母さんが、手を噛まれるというハプニングも。。。
「出戻って来るかもね・・・」と息をひそめるように見守って一か月。

ようやく待望の1枚が送られてきました!

simako.jpg

お互いにまだ少し緊張している感じはありますが
「祝!初ダッコ」なのであります

一時預かりさんのお宅のお父さんは、
しまこちゃんが新しいお宅に馴染んだことを喜びつつも、
出戻りしてくることを、ほんの少し期待していた節があります・・・(^^ゞ

なにはともあれ、博物館猫の譲渡第一号になったしまこちゃんに
大きな拍手を

(ripley0518)
関連記事
スポンサーサイト

| 博物館猫 | 10:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sasaeaukai.blog17.fc2.com/tb.php/166-f3441ac8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT