こうほく・人と生きもの・支えあう会

横浜市港北区で生活する人々や動物にとってやさしい地域をつくることをめざします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その後のクッパ君

先週に続き、肌寒い雨の週末です。

クッパ君の続報です。
嘔吐は、通院の翌早朝1回(消化中のドロドロフード)、
今朝1回(胃液)以外はすっきり治まりました。
断定は出来ませんが、抜歯したことが良かったようです。

おそらく、この嘔吐に加えて下痢が長引き、
食べても食べても身にならない期間が続いていたのでしょう。

外で暮らす猫たちは、吐いても下痢しても自力で立ち向かうしかありません。
自然に治れば良いですが、そうでない場合はただただ弱っていくだけです。
餌やりをしている他の子たちが、顔を合わすほんのわずかな時間以外に
一体どこでどう過ごしているかを想像すると、心がギュッと痛くなります。

ご満悦

間に合わせだったベッドの代わりに、新しいベッドを進呈しました。
すっかりお気に入りです


ところで、30日(木)にEテレで放送された、「猫も杓子も」という番組を
ご覧になりましたか?
2週連続で、今週は作家の角田光代さんと飼い猫のトトが登場。
角田氏書き下ろしの「任務十八年」という短編が朗読されました。

動物を飼っていると、当然ながらお別れもある訳ですが
そんな時に読むと、少しだけ心が軽くなるような、立ち直るための
手助けになってくれそうな、そんな切なくて素敵な作品でした。

※NHKオンデマンドに登録なさっている方はこちらから
 「ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。 「角田光代とトト」
 
「任務十八年」のみ抜粋
(角田光代「任務十八年」)

ただ、ちょっとだけ、どこかで聞いたことがあるような・・・・。
「ぬこが下界に降りるまで」

これを高尚な文学にした感じ・・・???

(ripley0518)
関連記事
スポンサーサイト

| 保護猫 | 12:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sasaeaukai.blog17.fc2.com/tb.php/210-3ff707c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT